FAQ

よくあるご質問

製品全般について

1)認証を取得している製品の一覧はありますか?

認証取得製品の一覧は以下となります。

 

2)CDFⅢシリーズとCMFシリーズの違いを教えてください?

CDFⅢシリーズ

  • 医療用電気機器の国際安全規格IEC60601-1 e.d3.1の認証を取得しています。
  • CMFシリーズに比べ、漏れ電流が更に少ない構造になっています。
  • 内蔵するトランスの絶縁階級は、B種となります。

CMFシリーズ

  • 電気用品安全法(PSE)の規格PSEマークを取得しています。
  • 医療用電気機器の国際安全規格に準拠しています。
  • 内蔵するトランスの絶縁階級は、A種となります。

 

3)カスタム製品の注文方法を教えてください?

カスタム製品をご注文頂く際は、下記情報をお教え頂くとスムーズに進めさせて頂く事が出来ます。

  • 入力電圧
  • 出力電圧
  • 出力電流
  • 絶縁階級
  • 必要な規格
  • ケース入り or 組み込み型
  • 絶縁シールド有無
  • 耐電圧
  • 入力端子 リート線引き出し or 端子台(組み込み型の場合)
  • その他、ご要求事項(ケースに取っ手を付けたい等)

 

ビデオトランスについて

1)ビデオトランスとは?

 映像信号伝送用トランスで、10Hz~10MHzの広帯域の伝送に適したトランスです。

 

2)映像信号とは?

 映像信号には、水平同期信号、バースト信号、輝度信号、色信号があります。その中で、輝度信号(ルミネ信号)と色信号(クロマ信号)をビデオ信号といいます。輝度信号は低周波ですので、伝送距離において、ほとんど影響がありませんが、色信号は伝送距離により減衰し、信号レベルが低下しすぎると、映像が乱り、ノイズが出たりします。

 

3)ビデオ信号は何Vで送るのですか?

 通常は2Vp-pで伝送されますが、減衰し受信端が75Ωで終端され、1Vp-pを割ると映像が暗くなったり、乱れたりします。
 他には伝送距離を獲得する為、3.6Vにする場合もありますが、受信端は1Vp-pになります。

 

4)ビデオ信号の周波数帯はどのくらいですか?

 10Hzから5MHz位までです。

 

5)映像関係でよく75Ω、110Ωとでてきますがなんのことですか?

 お客様が使用される同軸ケーブルまたは平行2線の固有の特性インピーダンスのことです。特性インピーダンスは単位長のインダクタンスLと、静電容量Cとすると√L/Cで求められ単位はオーム(Ω)です。使用ケーブルによって信号を送受信する機器の送信端と受信端の特性インピーダンスも合わせる必要があります。

 例えば、次のような区分があります。

50Ω ・・・・・・・・測定器関係の機器
75Ω ・・・・・・・・映像関係の機器
110Ω ・・・・・・・・伝送ケーブル
600Ω ・・・・・・・・オーデオ関係の機器

 

6)ビデオトランスは何m位の距離が使用可能ですか?

 弊社のビデオトランスVT-75110タイプにて、線材により変わりますが、ツイストペア線(2芯シールド HC3L2 平河電線)を使用した場合、120m迄映像に不具合は生じません。
 120m以上の場合ケーブル補償器が必要になります。この場合上記線材にて250m位迄可能です。線材を変えることにより3km迄可能になります。

 

7)ケーブル補償器ってなんですか?

 平衡線路が長すぎる場合、ビデオ信号の色信号(クロマ信号)が減衰しすぎますので、これを増幅させ、通常の信号レベル(1Vp-p)までにするものです。これにビデオトランスを組み合わせることにより、より一層の効果がだせます。